このこのごはんドッグフードの口コミ評判や原材料・添加物・価格を徹底解説

このこのごはん
このこのごはん・ドッグフードの評価:4.5(原材料:5、食いつき:5、安全性:5、コスパ:4、人気度:4
【このこのごはんの概要】

メイン原料 鶏肉(ささみ、レバー)
合成添加物 なし
オイルコーティング なし
穀物 大麦、玄米
価格水準 1kgあたり3,500円
原産国 日本

 
『このこのごはん』は小型犬用に開発されたドッグフードです。

小型犬の3大悩み(ニオイ、毛並み、涙やけ)にアプローチできるドッグフードとして人気を集めています。

ワンちゃんの健康に欠かせない低脂肪の動物性タンパク質が豊富なのはもちろんですが、不足しがちな栄養素もしっかりと摂取できるので、理想的な食生活を送ることができます。

食いつきも抜群で、販売元の株式会社オモヤが実施した調査では、98.5%の飼い主さんが「毎日食べてくれる」と回答しています。

 

 

 

小型犬の悩み・その1『ニオイ』

小型犬のニオイの悩み

ワンちゃんの体臭の原因は大きく外側内側の2つに分類できます。

外側は被毛などに付着したニオイが原因なので、シャンプーをすれば解決します。

一方で内側から生じるニオイは厄介です。シャンプーをしても解決することができません。

腸内に悪玉菌が増えると、体内に腐敗物などの不要なものも増えていきます。

そしてこのような不要物が血管にも吸収されていき、体臭となって現れてきます。

 

ニオイの解決法

体内に不要な物や腐敗物すっきりでにおいを内側からサポート

『このこのごはん』では乳酸菌を配合することで、体内から生じるニオイを解消します。

乳酸菌には整腸作用があり、腸内の善玉菌を増やす一方で、悪玉菌を体外に排出する働きがあります。

この乳酸菌の作用によってワンちゃんの腸内に溜まった不要物をスッキリさせて、血管への吸収を防ぐことでニオイを解消します。

 

小型犬の悩み・その2『毛並み』

小型犬の毛並みの悩み

毛並みや毛艶が悪いワンちゃんがいますが、その原因はタンパク質が被毛まで届いていないためです。

タンパク質は筋肉や被毛、爪などのさまざまな部位を形成するために欠かせない栄養素です。

犬は元々肉食動物なので、私たち人間よりも多くのタンパク質を摂取する必要があります。

タンパク質の摂取量が不足していると、被毛まで栄養が届かずに毛並みが悪くなります。

 

毛並みの解決法

タンパク質をたっぷりとってふわっふわの毛並みになりたい

『このこのごはん』では高タンパクの食材がたくさん配合されているので、ワンちゃんに必要なタンパク質をしっかりと摂取することができます。

高タンパクな食材としては、鶏のささみや鶏のレバー、マグロ、鹿肉などが挙げられます。

さらに果物の青パパイヤを採用しています。

青パパイヤには摂取したタンパク質を分解する酵素が含まれていて、摂取したタンパク質をしっかりと分解して、各細胞や筋肉、被毛などに届けることができます。

被毛にしっかりとタンパク質が供給されることでキレイな毛並みになります。

 

小型犬の悩み・その3『涙やけ』

小型犬のドロドロ涙の悩み

粘り気のあるドロドロ涙や涙やけに悩まされているワンちゃんも多いです。

特にトイプードルやマルチーズ、シーズーなどに多く見られる症状です。

主な原因としては、消化不要によって体内に不要物が蓄積していたり、添加物が含まれているドッグフードを食べ続けたことなどが挙げられます。

そして粘り気のある涙となって、涙管が詰まることが挙げられます。

涙管は涙腺で分泌された涙を鼻の奥に移行させる細い管のことです。

この涙管が詰まると涙が行き場を失って、全て目から排出されることによって涙が溢れ出てきて、涙やけとなります。

 

涙やけの解決法

スッキリとした目元に

涙やけやドロドロ涙を解消するためには、主に涙管の老廃物を取り除くことと、身体の消化吸収・排泄リズムを整えることが有効な手段となります。

そこで『このこのごはん』では涙やけにアプローチするために、モリンガやさつまいも、マグロが食材として採用されています。

モリンガ

モリンガはワサビノキ科の植物で、ビタミンやミネラル、アミノ酸がバランス良く含まれています。

食物繊維が豊富で、消化吸収をサポートして不要物を体外に排出してくれます。

抗酸化作用に優れたポリフェノールも豊富で、活性酵素などの有害物質を無害な物質に変換する働きがあります。

 

さつまいも

さつまいもはモリンガと同様に食物繊維が豊富で、老廃物を体外に排出することができます。

さらにカリウムも含まれていて、余分な塩分を排出して、血圧を抑える働きがあります。

 

 

食材の効果・作用

『このこのごはん』に使用されている主な食材の効果・作用を詳しくみていきます。

 

鶏のささみ

鶏ささみ

鶏肉のささみは、むね肉と骨に挟まれている場所に存在している部位です。

高タンパクで低脂肪な部位なので、しっかりと栄養を吸収できるだけでなく、余分な脂肪が付きにくいです。

消化吸収にも優れていて、ワンちゃんに身体に負担がかかりません。

 

鶏のレバー

鶏レバー

レバーは肝臓のことで、高タンパクというだけでなく、ミネラル分(鉄分や葉酸など)やビタミン類(A1、B1、B2)が豊富に含まれています。

特にビタミンA1が豊富で、目や皮膚、粘膜の健康維持、免疫力の向上などの働きがあります。

ビタミンB2は細胞の再生を促して、動脈硬化を防ぐ作用があります。

鶏肉のレバーは豚肉や牛肉のレバーよりもカロリーが少ないので、太り気味のワンちゃんにもおすすめです。

 

マグロ

まぐろ

マグロは赤身の魚で、良質なタンパク質が豊富に含まれています。

さらにDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)が豊富に含まれています。

DHAは脳細胞を柔らかくして情報伝達を高めたり、各細胞を活性化させる働きがあります。

EPAには血液を固まらせにくくする働きがあり、血液をサラサラにしてくれます。

『このこのごはん』では静岡産のマグロを使用しています。

 

鹿肉

鹿

鹿肉は脂肪分が少なく、牛肉や豚肉と比較して高タンパクで低カロリーな食材として知られています。

鉄分やビタミンB群、不飽和脂肪酸がたくさん含まれています。

鉄分には疲労回復や息切れ予防などの効果があります。

そしてビタミンB群は皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあります。

 

大麦

大麦

大麦はイネ科の穀物で、食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維は水溶性と不溶性の2種類存在しますが、大麦にはこの2種類の食物繊維がバランス良く含まれています。

質の良い食物繊維を摂取することで便通が良くなり、健康的なウンチが出やすくなります。

カルシウムは白米の約3倍、カリウムは白米の約2倍含まれていて、健康食として注目を集めています。

 

玄米

玄米

玄米は精白されていない分、栄養が残っていて、白米よりもビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。

特にビタミンB1が多く、白米の約3倍も含まれています。

玄米は栄養バランスに優れているので、ワンちゃんの健康をサポートしてくれます。

 

直径7~8ミリの小粒で食べやすい

『このこのごはん』の粒の大きさは約7~8ミリ

『このこのごはん』は小型犬を対象にしたドッグフードなので、フードの粒サイズにもこだわっています。

直径7~8ミリ程度のサイズとなっていて、小型犬でも無理なく食べられるように工夫されています。

海外製のドッグフードが人気を集めていますが、大半の商品は中~大型犬を対象にして作られています。

実際にフードの粒サイズが直径10ミリを超える商品が多いです。

現在与えているフードの粒サイズが大きくて食べにくそうにしているなら、一度『このこのごはん』に切り替えてみて下さい。

 

健康に優しい無添加ドッグフード

人工添加物は使用されていません

価格重視の安価なドッグフードには粗悪な原材料や大量の添加物など、ワンちゃんの身体に害のある成分が含まれている商品が多いです。

中には原材料に記載されていない添加物も使用されている商品も存在します。

『このこのごはん』ではワンちゃんの健康を第一に考えて作られていて、粗悪な原材料や添加物は使用していません。

香料や着色料、保存料、防カビ剤、増粘剤、酸化防止剤(BHA・BHT)などの人工添加物は一切使用されていないので安心して下さい。

そのため、より自然に近い食べ物を与えることができます。

 

凝固剤も不使用

『このこのごはん』は素材そのままで、余計なものを極力添加しないことが大事だと考えているので、フードの形状を整える凝固剤も使用していません。

実際にフード一つひとつの粒を見てみると分かりますが、どれも同じような形状をしていません。

見た目はあまり良くないですが、凝固剤を使用していない証拠です。

 

グルテンフリーでアレルギーの心配なし

食物アレルギーに悩まされているワンちゃんが増えています。

中でも小麦に含まれているグルテンが原因でアレルギーを引き起こすケースが多いです。

グルテンを消化するのが苦手にしているワンちゃんが多く、上手く消化できずに柔らかいウンチになったり、アレルギー反応が現れるケースもあります。

そこで『このこのごはん』はワンちゃんの健康を考慮して、原材料にグルテンを使用していません。

しかし、穀物を使用しなければフードを固めることができないため、グルテンが含まれていない大麦や玄米などを使用しています。

皮膚に痒みや炎症があるワンちゃんは食物アレルギーを起こしている可能性があるので、グルテンフリーのドッグフードに切り替えることをおすすめします。

 

オイルコーティングなし

ワンちゃんの食いつきを高めるために動物性油脂などでオイルコーティングをしているドッグフードがあります。

この動物性油脂は酸化スピードを速めるため、フードの品質をキープするために酸化防止剤を使用しければいけません。

また、アレルギーの原因となることも指摘されています。

そのため、『このこのごはん』ではオイルコーティングを使用していません。

しかし、何も使用しないとワンちゃんの食いつきが悪くなるため、鰹節(かつおぶし)を使用しています。

風味豊かな鰹節をフードに混ぜ合わせることで、ワンちゃんの食欲を促します。

 

国内の専門工場で製造されていて品質管理も安心です

国内専門工場で製造

『このこのごはん』は国産ドッグフードなので、国内工場で製造されています。

製造から包装までの全ての工程をGMP認定を受けた工場が運営管理しているペットフード工場で実施しています。

私たち人間向けの食品加工を手がけている工場のノウハウや衛生基準を活用しているので、品質管理も万全です。

その他にも有機JASISO22005HACCPの認証も受けています。

【GMP認定】

「Good Manufacturing Practice」の略称で、製造所(工場)における製造管理や品質管理の基準のことを意味します。

原材料の入荷から製造、最終製品の出荷にいたる全ての過程において、適正な製造管理と品質管理が求められます。

簡単に説明すると、製品が「安全」に作られ「一定の品質」が保たれる仕組みが整っていることを証明する認定制度です。

参考サイト:GMPとは 公益財団法人 日本健康・栄養食品協会

 

1日あたりの給与量

『このこのごはん』はワンちゃんの年齢や体重に応じて、1日あたりの給与量が設定されています。

ここで紹介している給与量は目安程度として考えて下さい。

例えば少し太り気味のワンちゃんなら、目安量よりも少なめにするなどの調整をしてあげましょう。

 

生後4ヶ月まで

体重 1日あたりの給与量
1~3kg 61~140g
4~6kg 174~236g
7~9kg 264~319g

 

生後4~9ヶ月

体重 1日あたりの給与量
1~3kg 51~117g
4~6kg 145~196g
7~9kg 220~266g

 

生後9~12ヶ月

体重 1日あたりの給与量
1~3kg 41~93g
4~6kg 116~157g
7~9kg 176~213g

 

成犬

体重 1日あたりの給与量
1~3kg 28~73g
4~6kg 79~123g
7~9kg 120~167g

 

生後1歳までの幼犬は消化器官がそれほど発達していないので、1日分のフードを2~4回に分けて与えてあげましょう。

 

『このこのごはん』への切り替え方

『このこのごはん』に切り替える場合は、初日にいきなり全部を切り替える行為はNGです。

全てのフードを切り替えてしまうと、ワンちゃんの身体が慣れておらず嘔吐や下痢を引き起こす恐れがあるためです。

また、警戒心の強いワンちゃんは食べてくれない場合も考えられます。

そして1~2週間をかけて徐々に『このこのごはん』の割合を高めていき、ワンちゃんに慣れさせていくとスムーズに切り替えができます。

 

正しい保存方法を実践してフードの劣化を防ごう

『このこのごはん』のパッケージ

『このこのごはん』の賞味期限はパッケージに記載されているので、その期日内に食べきって下さい。

また、酸化防止剤が使用されていないので、開封後は賞味期限の表示にかかわらず、1ヶ月以内に食べきりましょう。

空気に触れることで酸化が始まり、フードの品質が劣化するので、できるだけ空気に触れないようにジッパーをしっかりと閉めて密閉して保存して下さい。

 

保存場所

また、高温多湿や直射日光を避けた場所に保存するようにしましょう。

夏場などの暑い季節に冷蔵庫などに入れて保管する飼い主さんがいますが、おすすめはしません。

室内と冷蔵庫内の温度差で結露をして、フードにカビが発生する可能性が高くなるためです。

 

『このこのごはん』の価格設定

『このこのごはん』の通常価格は1袋3,500円(税別)+送料850円で設定されています。

含有量は1袋あたり1kgなので、1kgあたり3,500円のドッグフードです。

『このこのごはん』は原材料にこだわっているプレミアムドッグフードです。

そのため、価格が高くなるのは仕方が無いですが、購入者側としては少しでも安く購入したいです。

 

定期コースがおすすめ

『このこのごはん』の定期コース

少しでも安く購入したいなら、定期コースから注文するようにしましょう。

定期コースで注文すると、1袋2,980円で購入することができ、通常価格の15%オフとなります。

さらに初回購入時は送料が無料となります。

2回目以降は2袋のセット購入となりますが、15%オフはそのまま引き継がれます。

合計5,960円(税別)+送料850円でお得に購入することができます。

 

いつでも解約・休止・変更可能

定期コースで注文する際に気になるのが解約条件です。

中には最低3回以上購入しなければ解約ができないという悪質な商品も存在します。

『このこのごはん』はいつでも解約・休止・変更手続きができるので、安心して下さい。

初回分を購入して品質や食いつきに満足できない場合は、2回目から解約ができます。

定期コース内容の変更を希望する場合は、次回発送10日前までに連絡して下さい。

 

 

支払い方法は3種類の中から選べます

あなたの都合に合わせて支払方法を選ぼう!

『このこのごはん』のドッグフードでは、NP後払いクレジットカード代金引換の3種類の支払い方法が用意されています。

 

NP後払い

NP後払い

『このこのごはん』が手元に届いてから支払ができる安心の決済方法です。

請求書が発行されてから14日以内に、近所のコンビニや郵便局、銀行で支払を済ませて下さい。

NP後払いの利用限度額は累計残高で54,000円(税込)までとなっていますが、2袋のセット購入をしても送料合わせて7,000円未満なので気にする必要はありません。

 

クレジットカード

VISA・MasterCard・JCB・American Express・DinersClubの各カードブランドが利用できます。

後日決済(引落し)となるので、注文時や商品の受け取り時に購入代金を用意しておく必要はありません。

 

代金引換

商品を受け取る際に配送ドライバーの方に購入代金を支払って下さい。

但し代引き手数料が発生して、購入代金に300円が上乗せされます。

手数料を支払いたくない場合は、NP後払いかクレジットカード決済のどちらかを選択しましょう。

 

『このこのごはん』の口コミ評判

実際に『このこのごはん』を購入して、愛犬に食べさせることがある方々の口コミ評判をいくつか紹介します。

 

良い口コミ

涙やけに悩まされていたので、『このこのごはん』を試してみました。

今では涙の量が減ってきてかなり改善してきました。これからも続けていこうと思っています。(5歳・トイプードル)

『このこのごはん』は涙やけのワンちゃんに食べさせたいドッグフードです。

涙管の老廃物が溜まりにくい原材料をしているので、ドロドロ涙になりにくいです。

 

フードが小粒なので、うちのコも食べやすいです。

結構歳なのですが、キレイな毛並みが維持できています。(10歳・チワワ)

『このこのごはん』には良質なタンパク質を摂取することができるので、毛並みがキレイになる効果が期待できます。

もちろんその他の栄養素もバランス良く含まれているので健康をサポートしてくれます。

 

無添加ドッグフードはどれも食いつきが悪くて困っていました。

『このこのごはん』は食いつきが良く、嬉しそうにカリカリと音を食べてくれます(6歳・パグ)

『このこのごはん』はワンちゃんの食欲を刺激するために風味豊かな鰹節を使用しています。

そのため、無添加ドッグフードの中でも食いつきが良いです。

 

悪い口コミ

『このこのごはん』は無添加で健康に良いので気に入っているのですが、価格が高いですね。

もう少し安ければ嬉しいのですが・・・。(6歳・マルチーズ)

『このこのごはん』は原材料にこだわって作られているので価格が高いです。

定期コースなら通常価格の15%オフとなるので、定期コースでの申込みを検討してみて下さい。

 

ネット通販で購入して与えてみたのですが、下痢をしてしまいました。

体質に合っていないのかもしれません。(4歳・ミニチュアダックス)

いきなり新しいドッグフードに切り替えると、下痢や嘔吐をするワンちゃんがいます。

『このこのごはん』に切り替える際は1~2週間くらいの時間をかけて、徐々に割合を増やして下さい。

 

『このこのごはん』のドッグフードをおすすめできるワンちゃんと飼い主

おすすめ

ここまで紹介してきた内容をまとめると、『このこのごはん』のドッグフードをおすすめできるワンちゃんや飼い主さんは下記のようなタイプです。

【おすすめできるタイプ】

  • 体臭に悩んでいる犬
  • ドロドロ涙に悩まされている犬
  • 食いつきの良い無添加ドッグフードを探している方

 

体臭に悩んでいる犬

『このこのごはん』はワンちゃんの体臭を軽減できるドッグフードです。

体内から生じる嫌なニオイは腸内に存在する悪玉菌が主な原因です。

配合されている乳酸菌の作用で悪玉菌を減少させて、ニオイの原因となる不要物や腐敗物を体外に排出してくれます。

シャンプーでも落ちないニオイに困っているなら、一度『このこのごはん』を試してみて下さい。

 

涙やけに悩まされている犬

『このこのごはん』は涙やけにも効果を発揮します。

ドロドロ涙は老廃物が涙にも含まれていくことで生じます。

そして涙管が詰まることで涙が行き場を失い、全て目から排出されることによって涙が溢れ出てきて、涙やけとなります。

『このこのごはん』は質の悪い原材料や添加物が使用されていないので、涙管を詰まらせる原因を取り除くことができます。

また、モリンガやさつまいもが配合されていて、これらに含まれている栄養素の働きによって、涙管の老廃物を取り除くことと、身体の消化吸収・排泄リズムを整えます。

その結果、涙管の詰まりが改善できて、ドロドロ涙や涙やけが解消できます。

 

食いつきの良い無添加ドッグフードを探している方

無添加ドッグフードは健康に良いというメリットがある反面、食欲を促す添加物が含まれていないために食いつきが悪いというデメリットもあります。

『このこのごはん』ではワンちゃんの食いつきを良くするために、風味豊かな鰹節を採用しています。

ワンちゃんの嗅覚を刺激して食欲を促すので、無添加ドッグフードですが食いつきが良いと評判です。

 

 

『このこのごはん』のドッグフードをおすすめできないワンちゃんと飼い主

おすすめできない

一方で『このこのごはん』のドッグフードをおすすめできないワンちゃんや飼い主さんは下記のとおりです。

【おすすめできないタイプ】

  • 安価なドッグフードを探している方
  • 中型~大型犬を飼っている方

 

安価なドッグフードを探している方

『このこのごはん』はワンちゃんの健康に配慮した健康バランスの優れたレシピを採用しています。

また、原材料の品質にもこだわっていて、私たち人間でも食べられるヒューマングレードのドッグフードとなっています。

そのため、どうしても製造コストが高くなり、その製造コストが販売価格に上乗せされます。

金銭的な負担が大きいと感じるのであれば、もう少し安いドッグフードの購入を検討して下さい。

 

中型~大型犬を飼っている方

『このこのごはん』は小型犬向けに開発されたドッグフードです。

栄養価においてはどの犬種のワンちゃんが食べても問題はありませんが、フードの粒が7~8ミリと一般的なドッグフードよりも小さく作られています。

そのため、中型犬や大型犬のワンちゃんには噛み応えが無く、少し物足りなく感じます。

 

『このこのごはん』の原材料と栄養成分

『このこのごはん』のドッグフードで採用されている原材料と栄養成分は下記のとおりです。

 

原材料名

鶏肉(ささみ、レバー)、大麦、玄米、ビール酵母、鰹節、米油、乾燥卵巣、鹿肉、まぐろ、青パパイヤ末、モリンガ、さつまいも、わかめ、乳酸菌、昆布、ミネラル類(牛骨カルシウム、卵殻カルシウム、塩化ナトリウム、塩化カリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンB12、ビタミンD、ビタミンE)

 

栄養成分

栄養素 含有割合
タンパク質 12.5%以上
脂質 7.5%以上
粗繊維 1.0%以下
灰分 5.5%以下
水分 10.0%以下
代謝エネルギー 342kcal/100g

 

おすすめドッグフードランキング TOP3

おすすめランキング

「どのドッグフードを与えればよいのか分からない・・・」と悩んでいるなら、下記のランキング記事を参考にして下さい。

各ドッグフードを【原材料】【食いつき】【安全性】【コスパ】【人気度】の5つ項目で評価して、ランキング形式でおすすめドッグフードを紹介しています。

あなたのワンちゃんにぴったりのドッグフードが見つかるはずです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です