ドッグフードを食べない・食いつきが悪い原因と改善策を解説します

ドッグフードの食いつきが悪い原因とは・・・

新しいドッグフードに切り替えた際に、ワンちゃんの食いつきが悪くなるケースが多いです。

「元のドッグフードに戻したらよいのか?」、それとも「新しいドッグフードを与え続けた方がよいのか?」などで迷ってしまうと思います。

そこで今回はドッグフードの食いつきが悪くなる原因とその改善策をいくつか紹介しようと思います。

あなたの愛犬がドッグフードの食いつきが悪くなって悩んでいるのであれば、ぜひ参考にして下さい。

 

 

ドッグフードの食いつきが悪くなる原因

ドッグフードの食いつきが悪くなる原因はいくつかあります

ワンちゃんがドッグフードの食いつきが悪くなる主な原因としては下記の点が挙げられます。

 

好みに合わない

与えているドッグフードがワンちゃんの好みに合わないことが考えられます。

犬は人間と同様に、食べ物に対して好き嫌いがあります。

実際にドッグフードの味やニオイ、食感などが自分の好みに合わないと、食べないことが多々あります。

個体差はありますが、母犬のお腹の中にいる頃から嗜好性(好き嫌い)が芽生え始めます。

妊娠中に母犬が日頃から好んで食べていた食材が、そのワンちゃんの好みになる傾向があります。

逆に母犬があまり食べていなかった食材を敬遠することがあります。

 

頻繁にドッグフードを取り替えている

1種類のドッグフードだけでなく、複数種類のドッグフードをローテーションで交換している場合も注意が必要です。

あなた自身はワンちゃんの栄養バランスを考えて、複数のドッグフードを与えていると思います。

しかしワンちゃんにも好みがあるので、複数種類を与えることによって食べたいドッグフードと食べたくないドッグフードができてしまいます。

その結果、それぞれのドッグフードを比較して、美味しくないドッグフードを食べなくなってしまうのです。

 

おやつや人間の食べ物を与えている

日頃からおやつや人間の食べ物を与えている場合も、ドッグフードの食いつきが悪くなるケースがあります。

おやつは添加物などを使用して嗜好性の強いニオイが付いています。

そのため、日頃食べている主食のドッグフードが味気なく感じて、食べなくなることが多いです。

また、人間の食べ物も同様です。人間向けに味付けをしているものを与えていると、ドッグフードの味が物足りなく感じて食いつきが悪くなります。

 

ドッグフードが劣化している

ワンちゃんに与えているドッグフードの品質が劣化して、食いつきが悪くなるケースもあります。

特に日頃から食べ終わるまで皿を下げないようにしている場合は気を付けましょう。

食べないからといってそのまま放置しておくと、時間の経過と共にドッグフードが劣化(酸化)していきます。

当然、劣化したドッグフードは品質に問題があるので、ワンちゃんの食いつきが悪くなります。

無添加ドッグフードを与えている場合は賞味期限が短いので、パッケージを開封したらできるだけ早く(1ヶ月以内)に食べ終わるようにしましょう。

 

体調不良

日頃から食べているドッグフードの食いつきが急に悪くなった場合は、ワンちゃんの体調不良を疑いましょう。

もしかしたら体調を崩していたり、何らかの病気を患っている恐れがあります。

ワンちゃんは直接あなたに体調不良を伝えることはできません。

1日だけでなく2~3日にわたってそのような状態が続くようであれば、かかりつけの獣医さんの診察を受けることをおすすめします。

また、季節変動でも体調を崩すことがあります。中でも多いのが夏バテです。

夏場に気温が高くなるとワンちゃんの体温も上昇して、脳に刺激を受けて食欲がなくなることがあります。

【夏バテの典型的な症状】

夏場に食欲だけでなく元気がなくなったり、睡眠時間が長くなる、下痢・軟便が増えてきたら夏バテを疑って下さい。

 

歯が悪い

歯が悪いことが原因で、ドライタイプのドッグフードを食べられないワンちゃんもいます。

歯周病になって歯肉炎や歯槽膿漏を患っている場合は、ドライタイプのドッグフードは硬くて食べにくいです。

特に日頃から歯磨きをしていない高齢犬に多いですね。

あなたが飼っているワンちゃんが高齢犬(7歳以上)で、日頃食べているドッグフードの食いつきが悪くなったら、歯や歯茎をチェックしてあげて下さい。

 

生理中・発情期

去勢手術をしていないメスのワンちゃんは生理中に食欲がなくなることがあります。

人間の女性と同様にホルモンバランスが乱れて気持ちが悪くなったり、感情の起伏が激しくなるなどして食欲が低下します。

生理は2週間ほど続くので、その期間にドッグフードの食いつきが悪くなったら、生理が原因である可能性が高いです。

また発情期のメス犬は生理中と同様に、ホルモンバランスが乱れます。

そして神経が過敏になり、食欲がなくなることがあります。

さらにオスは発情期のメスから発せられるフェロモンに誘惑されて食欲が低下することがあります。

生理中や発情期による食欲不振は、去勢・避妊手術をすることで解決します。

 

ドッグフードの食いつきを良くする改善策

ドッグフードの食いつきを良くする方法を学ぼう

体調不良や病気などが原因ではなく、元気なワンちゃんがドッグフードの食いつきが悪い場合は下記の方法を試してみて下さい。

 

食べない場合は下げる

ご飯の時間にドッグフードを与えても食べない場合は、食べ終わるまで放置せずに一定時間(3~5分程度)が経過したら、速やかに下げるようにしましょう。

ドッグフードを与えられた時に食べなければ下げられてしまうということを学習させることで、食いつきが良くなるケースが多いです。

犬は2~3日食事をしなくても問題ありません。1日2回の食事を与えているなら、1~2回ほど食べられなくても大丈夫です。

 

おやつを与えない

おやつを与えないようにすることも効果があります。

日頃からおやつを与えていると、ドッグフードが味気なく感じてしまい、食いつきが悪くなります。

食べないドッグフードを下げる方法を実践しても、おやつを頻繁に与えると無意味になります。

そのため、ドッグフードの食いつきが改善されるまでは心を鬼にして、おやつも与えないようにしましょう。

 

トッピングを工夫する

ドッグフードの食いつきが悪い場合はそのまま与えるのではなく、トッピングをすることも効果的です。

トッピングをする食材はさまざまで、肉類や野菜、乳製品のトッピングが代表的です。

また、市販の犬用のふりかけやウェットフードもおすすめです。

例えばヨーグルトやチーズなどの乳製品は食いつきが良いだけでなく、手軽でコスパも良いです。

但しヨーグルトなら無糖・低脂肪、チーズなら犬用のものを購入しましょう。

トッピングをする際のポイントとしては、ドッグフードとしっかり混ぜ合わせることです。

ドッグフードの上にトッピングすると、トッピング部分だけ食べてドッグフードは残してしまうケースが多いためです。

ドッグフードとトッピング食材をしっかりと混ぜ合わせることで、ドッグフードにトッピング食材の水分やニオイが付着して、キレイに食べてくれる可能性が高くなります。

 

ふやかして与える(白湯)

ドッグフードを白湯などでふやかしてから与える方法もおすすめですね。

ふやかすことでニオイが出て、硬い状態よりも食いつきが良くなります。

また、歯が悪い高齢のワンちゃんでも安心して食べることができます。

 

ドッグフードをふやかす際の注意点

ふやかす際に入れる白湯の水分量は適当で構いませんが、その水を捨てないようにして下さい。

このふやかした水にはドッグフードに含まれている栄養素も浸透しているためです。

ふやかす際に使用した水を捨てずにドッグフードと一緒にワンちゃんに与えて下さい。

中には電子レンジで温める方もいますが、おすすめはしません。

ドッグフードを電子レンジで温めると、とんでもないニオイ(獣臭)がして、その後に電子レンジを使用することが嫌になります・・・(汗)

【使用する白湯は50度以下】

ドッグフードをふやかす際に使用する白湯は50度以下にしましょう。

50度以上の熱湯を使用すると、ドッグフードに含まれている熱に弱い栄養素(水溶性ビタミンなど)が消滅してしまいます。

ワンちゃんに与える際は、38度くらい(人肌程度)まで冷ましてからあげて下さい。

 

適度な運動

お腹が減っていれば、美味しくないと感じていても食欲が勝って食べてくれることが多いです。

適度な運動をすることはカロリーが減少してお腹が減るだけでなく、胃腸などの消化器官の働きを活性化させます。

運動量に関しては小型犬なら15~30分程度、大型犬なら30~60分程度の散歩を、1日あたり2回ほど取り入れて下さい。

 

食いつきの良いドッグフードの共通点

食いつきの良いドッグフードは肉類の含有量が多い

ワンちゃんの好みは個人差はありますが、食いつきが良いドッグフードにはいくつかの共通点があります。

 

肉類の含有量が多い

犬は元来、肉食動物なので、チキンやラムなどの肉類の食いつきは良好です。

また、魚もタンパク質が豊富なのでガツガツ食べてくれます。

日頃から穀物中心のドッグフードを与えているなら、一度肉類がしっかりと含まれているドッグフードに替えてみて下さい。

原材料は多い順に記載されているので、一番最初にチキンやラム、魚などの名称が記載されているドッグフードがおすすめです。

犬は人間よりも嗅覚が優れていて、動物性タンパク質のニオイを嗅ぎ取ることができます。

 

動物性油脂はNG

粗悪なドッグフードの中には動物性油脂を含めることで、ワンちゃんの食いつきを良くしている商品もあります。

大半の動物性油脂は使用されている原材料が不明なものが多く、品質もかなり悪いです。

さらに腐りやすい傾向があり、品質の劣化を防ぐために酸化防止剤を使用しているケースが多いです。

人間向けの食材には使用を禁止している酸化防止剤が含まれていることもあるので、十分に気を付けて下さい。

そのため、いくらワンちゃんの食いつきが良いといっても、動物性油脂や酸化防止剤が含まれているドッグフードを与えることは控えましょう。

 

甘味(野菜や果物)を含んでいる

野菜や果物が含まれているドッグフードも食いつきが良いです。

これらの食材には甘味成分が多く含まれているためです。

犬の舌には味蕾細胞(みらいさいぼう)と呼ばれている味を感じる細胞が存在しています。

この味蕾細胞は人間の舌と比較して5分の1程度の数しかありませんが、甘さや苦さ、しょっぱさ、酸っぱさなどを感じます。

そして味覚の中でも甘味が一番強く感じます。

特にサツマイモやトウモロコシ、リンゴなどが原材料に含まれているドッグフードは、比較的食いつきが良い傾向があります。

 

幼犬の頃に食べていた食材

以前まで食べていたドッグフードから新しいドッグフードに切り替えた際に食いつきが悪くなるケースがあります。

その場合は以前食べていたドッグフードにメインで使用されていた食材と同じものが豊富に含まれているドッグフードに切り替えてみて下さい。

犬の好き嫌いは生まれてから6ヶ月くらいで決まります。

【参考実験】

1967年に実施されたKuoのチャウチャウ犬を用いた実験によると、大豆食や野菜食など、生後6ヶ月齢まで特定の食品しか経験しなかった子犬は、食べ物に対する嗜好性が固定されるようになることが分かりました。

逆に日頃から様々な食材や舌触りを経験した子犬は、初めて目にするエサでも抵抗なく食べる傾向があります。

 

同じ主原料のドッグフードに切り替える

そのため、子供の頃に食べていたドッグフードと異なる原材料が含まれているドッグフードに抵抗を感じるケースがあります。

例えば、以前にずっとチキンベースのドッグフードを食べていたのであれば、メーカーを替えても引き続き同じチキンベースのドッグフードに切り替えましょう。

そうすると抵抗なく食べてくれるワンちゃんが多いです。

 

まとめ

ドッグフードの食いつきが悪くなる原因は一つではなく、実にさまざまです。

そのため、あなたの愛犬がなぜ食いつきが悪くなったのかを見つけ出さなければいけません。

原因が見つかれば、解決策も自然に導き出せます。

日頃からワンちゃんをしっかりと観察していることが何よりも大切になります。

ぜひ今回紹介したドッグフードの食いつきが悪くなる原因と改善策を参考にして解決して下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です