ナチュラルバランス・ドッグフードの口コミ評判や原材料・添加物・価格を徹底解説

ナチュラルバランス・ドッグフード

ナチュラルバランスのドッグフードは専門家集団が研究と実績を重ねて開発された商品です。

原料にもこだわっていて、安全で良質な肉類や野菜、果物などが厳選して配合されています。

平べったいユニークな形状のフードになっていて、子犬や小型犬、シニア犬などの噛む力が弱いワンちゃんでも食べやすくなっています。

アレルギーを考慮した商品も数多く用意されているので、アレルギーが心配なワンちゃんにもおすすめです。

 

 

専門家集団が研究と実績を重ねて開発したドッグフード

ナチュラルバランスは専門性と開発力がひと粒に凝縮したドッグフードです

ナチュラルバランスのドッグフードは犬や動物の専門家集団が長年にわたって研究と臨床を繰り返して誕生したドッグフードです。

科学的な理論や真実に基づいて誕生しました。

開発プロジェクトにおいては、カリフォルニアのK-9アカデミー(犬のトレーニングスクール)や動物栄養士(元AAFCOの検査官)、獣医博士などで構成されたプロジェクトチームが担当しています。

これらのプロの専門家が使用する素材を選び、栄養バランスを考慮して、研究と臨床を何度もくり返しながらフードを開発しています。

また、K-9アカデミーはアメリカ国防官僚の護衛犬育成にも携わっていて、2年間にわたって約120頭に及ぶ犬にフードを与えていたという実績があります。

ナチュラルバランスのドッグフードは消化吸収に優れていて、子犬からシニア犬までの全年齢・全犬種に対応しています。

 

ドライフードの商品ラインナップ

ナチュラルバランスでラインナップされている主なドライタイプのドッグフードの特徴を紹介します。

あなたの愛犬のドッグフード選びの参考にして下さい。

 

ウルトラプレミアム ハイプロテイン ターキー

ナチュラルバランス ウルトラプレミアム ハイプロテイン ターキー

タンパク質が32%以上も配合しているドッグフードです。

良質なタンパク質から良質なアミノ酸を生み出し、健康な身体作りをサポートしてくれます。

ターキー肉の単一使用・穀物フリーなので、食物アレルギーのワンちゃんにも安心です。

高タンパクなフードなので、犬らしい逞しい体型を目指したい方におすすめです。

 

ウルトラプレミアム ハイプロテイン ラム

ナチュラルバランス ウルトラプレミアム ハイプロテイン ラム

タンパク質が32%以上も配合しているドッグフードです。

肉類はラム肉のみを使用しています。ラム肉はアミノ酸やミネラルがバランス良く含まれているだけでなく、牛肉や豚肉などよりも低脂肪でヘルシーです。

さらに穀物フリーなので食物アレルギーのワンちゃんにも安心です。

 

ファットドッグス ドライドッグフォーミュラ

ナチュラルバランス ファットドッグス ドライドッグフォーミュラ

肥満気味でダイエットが必要なワンちゃんにおすすめのドッグフードです。

カロリーが抑えられていますが、低カロリーなチキンミールとサーモンミールを採用することで26%以上のタンパク質を配合しています。

食物繊維が豊富なひよこ豆やエンドウ豆、野菜類も配合されていて、栄養バランスも抜群です。

 

オリジナルウルトラ ホールボディヘルス

ナチュラルバランス オリジナルウルトラ ホールボディヘルス

3種類(チキンとダック、サーモン)の動物性タンパク質をメインとしています。

その他にも米や野菜・果物、天然のハーブなどがナチュラルバランス独自のレシピで配合されています。

消化吸収にも優れていて、子犬からシニア犬まで安心して与えられます。

 

オリジナルウルトラ ホールボディヘルス 小粒タイプ

ナチュラルバランス オリジナルウルトラ ホールボディヘルス 小粒タイプ

基本的には上記の『オリジナルウルトラ ホールボディヘルス』と同じ食材が採用されています。

粒が小さめ(約8mm)に作られているので、小型犬におすすめのドッグフードです。

 

ウルトラプレミアム ポテト&ダック 小粒タイプ

ナチュラルバランス ウルトラプレミアム ポテト&ダック 小粒タイプ

新鮮なポテトとダック肉をメイン原料としているドッグフードです。

この2つの食材はアレルギーを引き起こしにくいという共通点があります。

さらに食物アレルギーの原因となる穀物類(白米、小麦、小麦グルテン、小麦粉、トウモロコシなど)も一切使用していないので安心です。

 

ウルトラプレミアム リデュースカロリー

ナチュラルバランス ウルトラプレミアム リデュースカロリー

玄米の含有量を増やすことで低脂肪・低カロリーのドッグフードに仕上げています。

肉類は鶏肉やダック肉、ラムミールを使用しているので、必要なタンパク質を摂取することができます。

運動量が少ないシニア犬や老犬、ダイエット中のワンちゃんにおすすめです。

上記の『ホールボディヘルス』シリーズよりもカロリーが15%抑えられています。

 

ウルトラプレミアム スウィートポテト&フィッシュ 小粒タイプ

ナチュラルバランス ウルトラプレミアム スウィートポテト&フィッシュ 小粒タイプ

肉類ではなくてサーモンが使用されているドッグフードです。

そのため、鶏肉や牛肉、ラム肉などの肉アレルギーがあるワンちゃんにおすすめです。

もちろんアレルギーの心配がある穀物類(白米、小麦、小麦グルテン、小麦粉、トウモロコシなど)も一切使用していません。

また、粒が小さめ(約8mm)に作られているので、小型犬にもおすすめです。

 

ポテト&カンガルー フォーミュラ ドッグフード

ナチュラルバランス ポテト&カンガルー フォーミュラ ドッグフード

新鮮なカンガルー肉とポテトがメイン原料となっているドッグフードです。

カンガルー肉は高タンパク・低コレステロールで、ミネラル(鉄分・亜鉛など)もたっぷり含んだ低アレルギー食材です。

一方のポテトは上質なカリウムを摂取することができ、代謝エネルギー源も豊富に含まれています。

アレルギーが気になるワンちゃんにおすすめです。

 

缶(ウェット)タイプ商品ラインナップ

ドライフードよりも水分量が多いので、ドライフードだけでは全部食べてくれないワンちゃんや食の細いワンちゃんに適しています。

 

ウルトラプレミアム缶

ナチュラルバランス ウルトラプレミアム缶

3種類のお肉(鶏肉・ダック肉・ラム肉)と炭水化物源(玄米・ポテト)、天然のハーブを配合した栄養バランスに優れた缶フードです。

ナチュラルバランスの缶タイプの中では一番ベーシックな商品です。

 

ベニソン&スウィートポテト缶

ナチュラルバランス ベニソン&スウィートポテト缶

ドッグフードでは珍しい鹿肉(ベニソン)を使用している商品です。

1種類のタンパク質(鹿肉)と1種類の炭水化物(ポテト)を厳選配合していて、ワンちゃんの堅調維持に配慮しています。

低カロリーになっているので、ダイエットが必要なワンちゃんにもおすすめです。

 

フィッシュ&スウィートポテト缶

ナチュラルバランス フィッシュ&スウィートポテト缶

フィッシュ(シロマスやサーモン)とスウィートポテトがメイン原料となっています。

牛肉やラム肉、鶏肉などの肉アレルギーがあるワンちゃんに試してもらいたいです。

また、魚がメインということで低カロリーなので、肥満気味のワンちゃんにもおすすめです。

 

ダック&ポテト缶

ナチュラルバランス ダック&ポテト缶

ダック肉とポテトがメイン原料となっている缶タイプのドッグフードです。

タンパク質はダック肉の1種類、炭水化物もポテト1種類だけを配合していて、食物アレルギーに配慮されています。

牛肉やラム肉、鶏肉などの肉アレルギーの心配ががあるワンちゃんに試してもらいたいです。

 

リデュースカロリー缶

ナチュラルバランス リデュースカロリー缶

鶏肉とダック肉、ラム肉の3種類のお肉を使用して、栄養バランスに優れた缶フードです。

文字通り脂肪を抑えることでカロリーを減らしたドッグフードなので、運動量の少ないシニア犬やダイエットが必要なワンちゃんに適しています。

 

栄養バランスを考慮して30種類のサプリメントを配合

ナチュラルバランスのドッグフードには鶏肉やラム肉、ダック肉などの自然素材だけでなく、約30種類の栄養サプリメントが配合されています。

ワンちゃんの健康のために最低限必要な栄養素は決まっています。

自然の食材だけでは摂取しにくい栄養素をサプリメントで補完できるので、健康な身体作りをサポートすることができます。

【主なサプリメント】
マメプロテイン、アマニン、DL-メチオニン、亜鉛蛋白、硫酸亜鉛、硫酸鉄、鉄蛋白、硫酸銅、銅蛋白、硫酸マンガン、マンガン蛋白、ヨウ素酸カルシウム、亜セレン酸ナトリウム、L-トリプトファン、ビタミンE、ナイアシン、D-カルシウムパントテン酸塩、ビタミンA、リボフラビン、硝酸チアミン、ビタミンD3、葉酸、ビオチン、ビタミンB12、L-リジン、ローズマリーエキス、緑茶エキス、スペアミントエキスなど

 

アレルギー対策にこだわった商品もラインナップ

ナチュラルバランスのドッグフードはアレルギー対応している商品も数多くラインナップされています。

アレルギーの原因は実にさまざまですが、その一つに同じ肉の種類を毎日摂取し続けることで、その肉にアレルギー反応を起こすことがあります。

そこでナチュラルバランスでは3種類の異なる肉類をブレンドさせたドッグフードや、アレルギーを起こしにくい肉類(ダック肉や鹿肉)などをメイン原料とするフードを開発しています。

さらにアレルギーの心配がある穀物類(白米、小麦、小麦グルテン、小麦粉、トウモロコシなど)も一切使用していないので、安心して愛犬に食べさせることができます。

必要な炭水化物や食物繊維を摂取するために、エンドウ豆やヒヨコ豆を使用しています。

 

平べったいフードの形状の秘密

ナチュラルバランスのフードの形状

ナチュラルバランスのドッグフードは一般的なドッグフードと比較して平べったい形状をしています。

その理由は大きく2つあり、1つ目が『食べやすさ』です。

ドーム型(上部が山形で下部が平面)になっていて、粒を潰しやすく工夫されています。

年齢や体型(大きさ)に関係なく、食べやすい形状となっています。

そして、もう1つの理由が『胃捻転の防止』です。

胃捻転とは胃がねじれを起こしてガスや液体が溜まってしまう症状のことです。

空気が含まれたドッグフードが原因で胃捻転になる犬(特に大型犬)が多かったことから、できるだけ空気を抜いた形状に設計した結果、このような平べったいフードとなりました。

 

パッケージの工夫で品質の長期維持が可能

ナチュラルバランスのドッグフードではK9000パッケージ(4層バリアフィルムパッケージ)を採用しています。

外部からの光を遮断してピンホールが開きにくい強度にしていて、さらにパッケージ内の結露を起こしにくいように工夫されています。

その結果、優れた耐湿気・遮光性を実現していて、天然素材で作られたフードの品質を長期的に維持することが可能になりました。

さらにパッケージの上部にファスナーが取付けられているので、開封後もフードの新鮮さを一定期間保つことができます。

 

AAFCO(米国飼料検査官協会)の検査基準をクリア

ナチュラルバランスで販売されている全ての商品が『AAFCO(米国飼料検査官協会)』の厳しい検査基準をクリアしています。

AAFCO(Association of American Feed Control Official)とは、ペットフードの栄養基準やラベル表示などに関するガイドラインを策定している機関のことです。

日本国内で運営されているペットフード公正取引協議会の規約においても、このAAFCOが策定した栄養基準を採用しています。

各州によって検査基準が異なりますが、アメリカ全50州の基準を全てクリアしています。

 

使用原料も品質検査をクリアしています

使用されている原料は全てアメリカ農務省(USDA)の認定を受けたものを使用しています。

例えば肉類に関しては全て、食肉基準のA級に指定されている水準をクリアしています。

また、米国肉類検査サービス(FSIS)によって管理された食肉を使用していて、私たち人間が食べる食材と同じ品質のものを使用しています。

作物に関しても遺伝子組み換え作物などは一切使用していません。

これらの品質を証明するために、日本国内の食品検査センターによる検査を受けています。

【食品検査センターによる検査結果】

少し古い情報ですが、2014年に実施された検査成績報告書の内容を紹介します。

残留農薬検査(有機リン系農薬66項目)と農薬一斉9項目、酸化防止剤一斉3項目の検査を実施して、全て問題ないという結果が出ています。

参考データ:2014年に実施された検査成績報告書の内容

 

自社検査も実施

さらに自社内に検査機関を設けて、ペットフードの製造後に全ての商品を検査しています。

品質に問題がないかどうかを確認して出荷されるので、安心して愛犬に与えることができます。

 

1日あたりの給与量

ナチュラルバランスのドッグフードでは各商品毎に1日あたりの給与量が設定されています。

ここでは一番ベーシックな『ホールボディヘルス』の給与量を紹介します。

ワンちゃんの体重に応じて1日あたりの給与量が設定されています。

体重 1日あたりの給与量
~1.0kg ~27g
1.0~3.0kg 27~57g
3.0~5.0kg 57~81g
5.0~10.0kg 81~128g
10.0~18.0kg 128~190g
18.0~27.0kg 190~250g
27.0~36.0kg 250~302g
36.0~45.0kg 302~351g
給与量はワンちゃんの犬種や体型、日頃の運動量などによって異なるので、あくまで目安程度に考えて下さい。

 

切り替え方法

新しくナチュラルバランスのドッグフードに切り替える場合は、今まで与えてきたフードに少しずつ混ぜていきましょう。

いきなり全部を切り替えると食べてくれなかったり、お腹を壊してしまう恐れがあります。

一週間ほどの期間をかけてゆっくりとナチュラルバランスの比率を増やしていくこ良いです。

ワンちゃんも自然になれてくれるので、スムーズに切り替えができると思います。

 

ナチュラルバランス・ドッグフードの価格

ナチュラルバランス統括正規総代理店『アクシス』で掲載されていた主な商品の価格設定を紹介します。

ドライタイプは1kgあたり1,600円~2,200円前後。一方の缶(ウェット)タイプは1kgあたり1,200円~2,600円前後の価格帯となっています。

原材料などにこだわって作られているので、一般的なドッグフードと比較して少し高めに設定されています。

ちなみにアマゾンや楽天市場などの大手ネットショップでも同じような価格帯で販売されていました。

 

ドライフード

商品名 価格
オリジナルウルトラ ホールボディヘルス(1kg) 1,620円
リデュースカロリードッグフード(1kg) 1,728円
ポテト&ダックドッグフード(1kg) 1,890円
スウィートポテト&ベニソンドッグフード(1kg) 2,214円
ファットドッグスドッグフード(2.27kg) 3,456円

 

缶タイプ

商品名 価格
ホールボディヘルス缶(369g) 540円
スウィートポテト&フィッシュ缶(170g) 442円
ポテト&ダック缶(170g) 442円
リデュースカロリー缶(369g) 540円
スウィートポテト&ベニソン缶(170g) 442円

 

ナチュラルバランス・ドッグフードの口コミ評判

実際にナチュラルバランス・ドッグフードを購入して、愛犬に食べさせることがある方々の口コミ評判を紹介します。

 

良い口コミ

いつまでも健康で長生きしてほしいと考えて、ナチュラルバランスのドッグフードに切り替えました。

今まで食べていたドッグフードよりも高タンパク質で、しっかりとした筋肉が付いてきましたね。(3歳・柴犬)

ナチュラルバランスのドッグフードはワンちゃんの健康を第一に考えて作られています。

高タンパク質のレシピとなっていて、犬本来の逞しい筋肉を身に付けることができます。

 

うちのコはアレルギーがあるので、『ポテト&ダックドッグフード』を試しました。

おかげさまで今のところはアレルギーの症状が現れませんね。(6歳・ミニチュアダックス)

『ポテト&ダックドッグフード』はアレルギー対応食として人気があります。

1種類のタンパク質と1種類の炭水化物がメイン成分となっていて、アレルギーが起こりにくく工夫されています。

 

ドライフードの食いつきが悪いので、ナチュラルバランスのホールボディヘルス缶をトッピングしています。

トッピングをすると毎回全部食べてくれますね(笑)(7歳・パグ)

缶タイプは水分量が多く含まれているので、肉本来の旨みを堪能できます。

今回の口コミ投稿者のように、ドライフードの食いつきが悪い際にトッピングすると、しっかり食べてくれると思います。

 

悪い口コミ

ナチュラルバランスのドッグフードは確かに良いと思いますが、価格が少し高いですね。

そのため、安いフードとローテーションで与えるようにしています。(4歳・ビーグル)

ナチュラルバランスのドッグフードは原材料にこだわって作られているので、必然的に価格が高くなってしまいます。

原材料の質と価格は比例するので、どちらを優先するかを吟味してドッグフードを選びましょう。

 

毎回開封したフードの色や香りが違う気がします。

体調面に異変が現れていないので大丈夫だと思いますが、少し不安です。(7歳・パピヨン)

ナチュラルバランスのドッグフードは複数の小規模農場を利用しているので、時期によって原料の収穫地が異なります。

そのため、生産する度にフードの色や香りが異なりますが、品質自体には問題ありません。

 

ナチュラルバランスのドッグフードをおすすめできるワンちゃんと飼い主

おすすめ

ここまで紹介してきた内容をまとめると、ナチュラルバランスのドッグフードをおすすめできるワンちゃんや飼い主さんは下記のようなタイプです。

【おすすめできるタイプ】

  • アレルギーを持っている犬
  • 肥満気味の犬
  • 無添加ドッグフードを探している方
  • トッピングできるフードを探している方

 

アレルギーを持っている犬

ナチュラルバランスのドッグフードはさまざまな商品が用意されていて、アレルギー対応食もラインナップされています。

例えば、『ハイプロテイン ラムフォーミュラ』や『ポテト&ダックドッグフード』、『ベジタリアンドッグフード』などが挙げられます。

これらの商品は動物性タンパク質や炭水化物に敏感なワンちゃんに配慮したレシピとなっています。

食物アレルギーを発症しているなら、一度ナチュラルバランスのアレルギー対応食を試してみて下さい。

 

肥満気味の犬

ナチュラルバランスにはダイエットを目的したドッグフードも用意されています。

例えば、『ファットドッグスドッグフード』や『ウルトラプレミアム リデュースカロリー』などが挙げられます。

低脂肪・低カロリーのレシピを採用しているので、運動不足や食べ過ぎで肥満気味のワンちゃんに食べさせてみて下さい。

もちろん栄養バランスはしっかりと考慮されているので、健康に欠かせない栄養はしっかりと摂取することができます。

 

無添加ドッグフードを探している方

ナチュラルバランスのドッグフードはワンちゃんの健康を第一に考えて作られています。

どの商品も着色料や香料、酸化防止剤などの合成添加物は一切使用していません。

ドッグフードの品質を維持するために、抗酸化作用に優れた天然混合トコフェロールを使用しています。

天然混合トコフェロールはビタミンEのことで、身体に悪影響を及ぼすことはありません。

 

トッピングできるフードを探している方

ナチュラルバランスのドッグフードはドライタイプ以外にも缶(ウェット)タイプもラインナップされています。

ドライタイプよりも水分量が多く、肉本来の食感や美味しさが味わえるので、ワンちゃんの食いつきも抜群です。

「ドライフードをあまり食べてくれない・・・」と悩んでいるなら、一度缶タイプのフードをトッピングしてあげて下さい。

 

ナチュラルバランスのドッグフードをおすすめできないワンちゃんと飼い主

おすすめできない

一方でナチュラルバランスのドッグフードをおすすめできないワンちゃんと飼い主さんは下記のとおりです。

【おすすめできないタイプ】

  • 安価なドッグフードを探している方
  • 国産のドッグフードを探している方

 

安価なドッグフードを探している方

ナチュラルバランスのドッグフードは原料にこだわって作られているので、価格は安くありません。

ドライタイプは1kgあたり1,600円~2,200円前後、缶(ウェット)タイプは1kgあたり1,200円~2,600円前後の価格帯となっています。

そのため、価格重視でドッグフードを選ぶ場合はおすすめできません。

実際にリーズナブルなドッグフードの中には、1kgあたり500円以下の商品もたくさんあります。

 

国産のドッグフードを探している方

ナチュラルバランスのドッグフードはアメリカ製です。

中には外国製の食品に不安を感じる方々も少なからず存在します。

アメリカは日本よりもペットに対する意識が高く、日本国内で運営されているペットフード公正取引協議会の規約において、アメリカのAAFCOが策定した栄養基準を採用しています。

もちろんアメリカ製のドッグフードもピンからキリまでさまざまですが、ナチュラルバランスのドッグフードは高品質のドッグフードとして知られています。

もしあなたが国産のドッグフードの方が安心できるのであれば、無理に購入はおすすめしません。

国産ドッグフードの中にもナチュラルバランスのように、原料にこだわっている商品も存在します。

 

原材料と成分

参考までにナチュラルバランスのドッグフードの中でも一番ベーシックな『オリジナルウルトラ ホールボディヘルス』で使用されている原料と成分割合を紹介します。

 

原材料

鶏肉、玄米、オート麦、チキンミール、ポテト、ブリュワーズライス、鶏脂肪(天然混合トコフェロールで酸化防止)、乾燥ニンジン、ダックミール、サーモンミール、豆ファイバー、オートファイバー、自然風味、トマト、亜麻仁、ブリュワーズドライイースト、ニシン油、塩、塩化カリウム、DL-メチオニン、塩化コリン、第二リン酸カルシウム、亜鉛アミノ酸キレート、硫酸亜鉛、硫酸鉄、鉄アミノ酸キレート、硫酸銅、銅アミノ酸キレート、亜セレン酸ナトリウム、硫酸マンガン、マンガンアミノ酸キレート、ヨウ素酸カルシウム、Lアスコルビン2ポリフォスフェイト(ビタミンC)、L-トリプトファン、ビタミンE、ナイアシン、Dカルシウムパントテン酸塩、ビタミンA、リボフラビン、一硝酸チアミン、ビオチン、ビタミンB12、ピリドキシン塩酸塩、ビタミンD3、葉酸(ビタミンB)、天然混合トコフェロール、クエン酸、タウリン、乾燥クランベリー、乾燥ブルーベリー、乾燥ほうれん草、L-リジン、乾燥ケルプ、乾燥ユッカシジゲラエキス、ローズマリーエキス

 

成分

栄養素 含有割合
粗タンパク質 23.0%以上
粗脂肪 13.0%以上
粗繊維 3.0%以下
水分 10.0%以下
カルシウム 1.2%以上
リン 1.0%以上
タウリン 0.05%以上
アスコルビン酸(ビタミンC) 20mg/100g以上
EPA&DHA 0.25%以上
オメガ6脂肪酸 2.5%以上
オメガ3脂肪酸 0.4%以上
可消化エネルギー率 92%
カロリー 361kcal/100g

 

おすすめドッグフードランキング TOP3

おすすめランキング

「どのドッグフードを与えればよいのか分からない・・・」と悩んでいるなら、下記のランキング記事を参考にして下さい。

各ドッグフードを【原材料】【食いつき】【安全性】【コスパ】【人気度】の5つ項目で評価して、ランキング形式でおすすめドッグフードを紹介しています。

あなたのワンちゃんにぴったりのドッグフードが見つかるはずです^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です